正常な運転ができない場合

正常な運転ができない場合は、傷害保険などがおりません。可能性は低いですが、無免許で運転をした場合はもちろん保険金が支払われません。保険契約を結ぶ際には必要なのは、車検証のみです。そのため、免許を持っていなくとも自動車保険に入ってしまう人が出てくる可能性はなくはありません。そして、飲酒運転の場合も保険金はおりません。何故ならば犯罪だからというのが、一番です。自動車保険は事故を補償してくれるものです。飲酒運転をして運転をする場合は事件となり、補償の対象外となります。また、麻薬類をやっていても同様に事件となり、補償の対象外となります。麻薬で運転すると自己責任が重くなり、交通刑務所などに入ることになる可能性も高くなり、その上保険金が支払われないのですから、絶対にしてはいけません。また、これらの三つの行為は相手は無保険であったとしても、相手が保険に入っていたとしても、相手の保険から保険金が支払われることはありません。もちろん、自分の保険でもそうです。そうした保険金が支払われない状況を打破するためにも、日頃からしっかりとした安全運転を心がける必要があります。紹介した三つの行為で運転は絶対にしないでください。本03

Comments are closed.