未加入車との事故で搭乗者が死傷した場合の補償

自動車を運転中の交通事故によって他人を死傷させた場合、加害者には損害賠償に応じる責任が発生し、時として被害者に対する法律上の賠償額は、数千万円から数億円にもなることがあります。このような高額な損害賠償に備えて、信頼のおける任意保険に加入するのが車社会を生きるドライバーとしての常識といえますが、中には保険に加入せずに車を運転しているようなケースもないわけではありません。
このような保険未加入車との事故で搭乗者が死傷した場合には、加害者に責任があるのはもちろんですが、実際問題として加害者からの補償を受けるのがきわめて難しくなることから、自動車保険では無保険車傷害保険という類型を設けています。
これは、加害者から十分な補償が受けられない場合でも、自己名義の保険のほうから、加害者に代わって保険金が支払われるというものです。自賠責保険により保険金が支払われる場合には、その金額を超える部分についてが支払い対象となります。また、被保険者1名あたりの限度額は、基本的に2億円となります。
ただし、保険金が支払われるのは、死亡または後遺障害が残った場合という重大な事故のケースに限られますので、単なるけがや物損事故での損害は対象外となっています。
飛行機03

Comments are closed.