保険金が支払われない場合って?

本01無保険車傷害保険は、対人賠償保険のない無保険自動車との交通事故によって、契約中の自動車に乗っている人が死亡または後遺障害を負った場合であって、加害者側から十分な損害賠償を受けられないときに、本人が契約している保険会社のほうから、その損害賠償にあたる金額が支払われるというものです。契約している本人や配偶者、家族については、他人の自動車に乗っていた場合であってもこの保険の対象となります。
ただし、現在本人が契約している自動車保険の対人賠償保険の支払い上限額がこの保険でも限度(無制限の場合は2億円が限度)となるほか、一般的な保険契約と同様に、異常酩酊での運転その他本人に重大な過失がある場合、風水害により被害を受けた場合、自殺が目的であった場合などにも支払われません。
その他注意が必要なのは、この保険はあくまでも死亡または後遺障害といった重大な被害にのみ適用されることから、完治するケガの場合には、保険金が支払われないということです。この場合、加害者側の自賠責保険で120万円が限度ということになります。
このような場合に備えて、通常は搭乗者傷害保険や人身傷害保険などの別のタイプの保険に加入しておく必要があります。

Comments are closed.