Author Archive

賠償義務者が家族である場合って?

無保険車傷害保険は、交通事故によって後遺傷害を負ったり、または死亡した場合であって、加害者側がいわゆる無保険車のために損害賠償を支払う能力がないような場合に、現在契約中の対人賠償保険と同じ保険金額の範囲内で、加害者側が本来負担すべき損害賠償の不足分を補償する保険です。この保険の対象となる人を被保険者と呼んでいますが、補償の中心となる人として保険証券に明記されている記名被保険者のほかに、記名被保険者の配偶者、記名被保険者またはその配偶者の同居の親族、記名被保険者またはその配偶者の別居中の未婚の子供、その他契約中の自動車に搭乗している人が被保険者に該当しています。本04
この保険による保険金が支払われるためには、対象となる交通事故について、損害賠償の義務を負う第三者が存在することが必要であり、逆に保険金が支払われないの免責事由も保険約款のなかでいくつか定められています。
記名被保険者の配偶者や同居の親族など、いわゆる身内にあたる人が賠償義務者である場合も免責事由に該当し、保険金が支払われないケースとなります。これは、事故により損害賠償の義務を負う人が、上記で見たような保険契約の被保険者にあたる人と同じグループに属しているためです。

正常な運転ができない場合

正常な運転ができない場合は、傷害保険などがおりません。可能性は低いですが、無免許で運転をした場合はもちろん保険金が支払われません。保険契約を結ぶ際には必要なのは、車検証のみです。そのため、免許を持っていなくとも自動車保険に入ってしまう人が出てくる可能性はなくはありません。そして、飲酒運転の場合も保険金はおりません。何故ならば犯罪だからというのが、一番です。自動車保険は事故を補償してくれるものです。飲酒運転をして運転をする場合は事件となり、補償の対象外となります。また、麻薬類をやっていても同様に事件となり、補償の対象外となります。麻薬で運転すると自己責任が重くなり、交通刑務所などに入ることになる可能性も高くなり、その上保険金が支払われないのですから、絶対にしてはいけません。また、これらの三つの行為は相手は無保険であったとしても、相手が保険に入っていたとしても、相手の保険から保険金が支払われることはありません。もちろん、自分の保険でもそうです。そうした保険金が支払われない状況を打破するためにも、日頃からしっかりとした安全運転を心がける必要があります。紹介した三つの行為で運転は絶対にしないでください。本03

故意による事故における保険の扱い

無保険車傷害保険とは、加害者側の車両に任意保険が付いていない「無保険車事故」などによって十分な損害賠償が得られない場合に、自己の契約している自動車保険から、所定の保険金を受け取ることができるものをいいます。
この保険は、偶発的な交通事故による損害を前提としていますので、保険約款により保険金が支払われない、いわゆる「免責事由」と呼ばれるパターンがいくつか定められています。
そのひとつが、被保険者の故意により生じた損害であり、例えば、高額な保険金を得る目的でわざわざ無保険車両と接触して身体に後遺障害を負ったようなケースが典型的といえます。これは単に免責事由に該当するというよりも、保険金の詐取にあたる刑事事件となりますが、このような場合のほかにも、類似のケースとして免責事由に掲げられているものがあります。本02
例えば、被保険者の自殺行為によって生じた損害、無免許運転や酒酔い運転によって生じた損害、曲芸や試験の目的で自動車を使用したことによる損害などです。
これらについては、損害が発生する危険性が高くなることが客観的に見ても明らかで、被保険者が承知のうえで行っていたことになりますので、同様に保険金は支払われません。

保険金が支払われない場合って?

本01無保険車傷害保険は、対人賠償保険のない無保険自動車との交通事故によって、契約中の自動車に乗っている人が死亡または後遺障害を負った場合であって、加害者側から十分な損害賠償を受けられないときに、本人が契約している保険会社のほうから、その損害賠償にあたる金額が支払われるというものです。契約している本人や配偶者、家族については、他人の自動車に乗っていた場合であってもこの保険の対象となります。
ただし、現在本人が契約している自動車保険の対人賠償保険の支払い上限額がこの保険でも限度(無制限の場合は2億円が限度)となるほか、一般的な保険契約と同様に、異常酩酊での運転その他本人に重大な過失がある場合、風水害により被害を受けた場合、自殺が目的であった場合などにも支払われません。
その他注意が必要なのは、この保険はあくまでも死亡または後遺障害といった重大な被害にのみ適用されることから、完治するケガの場合には、保険金が支払われないということです。この場合、加害者側の自賠責保険で120万円が限度ということになります。
このような場合に備えて、通常は搭乗者傷害保険や人身傷害保険などの別のタイプの保険に加入しておく必要があります。

自動的についている任意保険

自動車を運転していて怖い思いをしたり、実際に事故をおこしてどうしていいかわからなくなったことある人もいます。
そこで、自動車を運転する方は任意保険に加入することをお勧めします。
なぜかというと、事故を起こした時に強制加入の自賠責保険だけでは賄えないことが多いからです。
任意の保険に加入していれば、事故をしたときに保険会社の事故受付専用ダイアルが設けられていますのでそこに電話します。
すると、事故を起こした後にどうすればいいかを親切丁寧に教えてもらえます。
最悪なケースで人身事故を起こしてしまったときのその後の保障も保険内容によっても変わりますが、頼りになります。
人身事故を起こして任意の保険に加入していなくて一生被害者の為に働きお金で保障していく人生なんて楽しくはありません。
また、自らの運転ミスなどで他人の家や持ち物を壊してしまった場合にも適用される保険もあります。
これにも是非加入してほしいです。
いつどこで、事故を起こすかわかりませんので、そのような保証がバックについていると思うだけでも普段の運転にも余裕が生まれ逆に事故が減る方向になる心理が働きます。
また大事な自分の自動車も守ることにもなります。手紙03

当て逃げなどで、相手が不明の場合の補償

自動車による対人事故が起きてしまった場合、事故の被害者が、加害者の側が加入している自動車保険から損害賠償にあたる金額の補償を受けるのが原則ですが、ひき逃げや当て逃げといった事故により、事故の加害者が身元不明であるような場合には、保険金を請求できる保険が存在しないことになりますので、通常であれば被害者はいっさい補償を受けることができません。
このように、事故の被害者であるにもかかわらず、不当に補償が受けられないようなケースを解消するために設けられているのが、自動車保険のなかでも無保険車傷害保険と呼ばれているもので、無保険車事故により後遺障害を負ったり死亡した場合について、加害者に代わって、現在加入している自動車保険の側から所定の保険金が支払われます。手紙02
この保険では、加害者が対人賠償保険に加入してはいるものの、保険契約上の年齢条件などに適合しないために保険金が支払われないか、保険金の金額が法的な損害賠償額に満たない場合などについても、保険金の支払いの対象となります。
ただし、この保険は後遺障害と死亡に限られていることから、完治するけがについては支払いが行われず、車両などの物的な損害についても同様となります。

相手の保険では損害賠償額に足りない場合の不足分が補償される

手紙01自動車保険では、交通事故によって他人の人身や財産に損害を与えてしまった場合、その損害を補償するために保険会社から保険金が支払われることになりますが、保険金が支払われる上限の額にあたる保険金額を、契約の中で設定することが可能です。この保険金額が少なければ、それだけいざというときに支払われる保険金も少なくなるおそれがありますが、毎年の保険料を安上がりにすることができるメリットがあります。
いっぽう、事故の被害者の側としては、こうした契約があることによって、実際に事故によって受けた損害よりも、加害者側の保険から下りる保険金の額が少なくなってしまうということもあります。特に、死亡または後遺障害を負った場合については、法的な損害賠償額は数千万円から億単位にのぼるケースもあり、補償としてはとうてい十分ではありません。
こうした不足分を補てんすることができるのが、自動車保険のなかの無保険車傷害保険であり、加害者側の保険にかわって、自己名義の保険のほうから不足分の保険金が支払われることになっています。
ただし、この無保険車傷害保険は、死亡や後遺障害などの人身に対する重大な損害に限られていますので、一般的なけがなどに対応するためには、別途、人身障害補償保険などの保険に加入しておく必要があります。

未加入車との事故で搭乗者が死傷した場合の補償

自動車を運転中の交通事故によって他人を死傷させた場合、加害者には損害賠償に応じる責任が発生し、時として被害者に対する法律上の賠償額は、数千万円から数億円にもなることがあります。このような高額な損害賠償に備えて、信頼のおける任意保険に加入するのが車社会を生きるドライバーとしての常識といえますが、中には保険に加入せずに車を運転しているようなケースもないわけではありません。
このような保険未加入車との事故で搭乗者が死傷した場合には、加害者に責任があるのはもちろんですが、実際問題として加害者からの補償を受けるのがきわめて難しくなることから、自動車保険では無保険車傷害保険という類型を設けています。
これは、加害者から十分な補償が受けられない場合でも、自己名義の保険のほうから、加害者に代わって保険金が支払われるというものです。自賠責保険により保険金が支払われる場合には、その金額を超える部分についてが支払い対象となります。また、被保険者1名あたりの限度額は、基本的に2億円となります。
ただし、保険金が支払われるのは、死亡または後遺障害が残った場合という重大な事故のケースに限られますので、単なるけがや物損事故での損害は対象外となっています。
飛行機03

無保険車傷害保険に加入しておくとこんなに安心

いつ何時起きるかわからない交通事故。自分では気を付けていても、相手がぶつかってきた場合などもらい事故をしてしまう可能性はあります。
基本的には自動車には自賠責保険というものの加入が義務付けられています。それ以外に、自分たちでプランや金額の調整ができ、任意で入る任意保険と呼ばれているものがあります。
この自賠責保険ですが、基本的には相手方の怪我に関する事項以外はほとんど使えません。金額にも制限があります。そして、任意保険に入っている場合はそちらを優先、という形になってします。}PgžxQ
そこで問題になるのは、任意保険をかけていない場合です。もらい事故でこちらに過失が無い場合でも、相手が任意保険に入っていなければ当然相手方の保険は使えません。自腹での弁済となることが殆どなのですが、金額が大きいと支払いをしてもらえないというケースも多いようです。
そのような時に入っておくと安心なのが無保険車傷害保険です。自賠責保険でカバーしきれなかった部分も補ってくれるので、相手が無保険だった場合でも満額で保証を受けることが出来ます。
万が一、は起こってしまってからでは遅いものです。あなたも、もしかしたら起こるかもしれない事故に備え、保険を考えてみてはいかがでしょうか。