当て逃げなどで、相手が不明の場合の補償

自動車による対人事故が起きてしまった場合、事故の被害者が、加害者の側が加入している自動車保険から損害賠償にあたる金額の補償を受けるのが原則ですが、ひき逃げや当て逃げといった事故により、事故の加害者が身元不明であるような場合には、保険金を請求できる保険が存在しないことになりますので、通常であれば被害者はいっさい補償を受けることができません。
このように、事故の被害者であるにもかかわらず、不当に補償が受けられないようなケースを解消するために設けられているのが、自動車保険のなかでも無保険車傷害保険と呼ばれているもので、無保険車事故により後遺障害を負ったり死亡した場合について、加害者に代わって、現在加入している自動車保険の側から所定の保険金が支払われます。手紙02
この保険では、加害者が対人賠償保険に加入してはいるものの、保険契約上の年齢条件などに適合しないために保険金が支払われないか、保険金の金額が法的な損害賠償額に満たない場合などについても、保険金の支払いの対象となります。
ただし、この保険は後遺障害と死亡に限られていることから、完治するけがについては支払いが行われず、車両などの物的な損害についても同様となります。

Comments are closed.