保険に入っていない相手との事故で役立つ無保険車傷害保険

}PgžxQ

 

 

自賠責保険はもちろん、任意の自動車保険に加入しておくことは、車を運転する機会のある人にとって当たり前のマナーともいえる行為ですが、実際には自動車保険に加入していない人もたくさん存在します。そのような人達が運転する車との事故に巻き込まれてしまった場合は、たとえ死亡や後遺障害という重篤な被害を受けた場合でも、最高で3000万円ほどの自賠責保険の限度額しか補償されないため、被害者は十分な賠償を受けることができません。
そこでこのような保険未加入者との事故への備えとして用意されているのが無保険車傷害保険です。この保険に加入していれば、自分が契約している対人賠償保険と同額の保険金を受け取ることができるのです。ちなみに無制限の対人賠償保険に加入している場合の保険金は一般的に2億円が上限になります。

 
ただしこの保険が適用されるのは死亡または後遺障害が残った場合のみです。完治するケガを負った場合は適用されず、休業補償などもありません。したがって完璧な補償をもとめるのであれば、搭乗者傷害保険や人身傷害保険などへの加入も検討しておく必要があります。また相手方が無保険の車と認定されるためにはいくつかの条件があり、そのどれかに当てはまらない場合は保険金の支払いを受けることはできません。